オフィス移転のお知らせ Notice of Change of Address

オフィス移転のため所在地及び電話番号が変更となりました。
・新アドレス
〒133-0057
東京都江戸川区西小岩1-29-4 ディアヴェルダータカハシビル3F
・新電話番号
03-6806-9180

Address and telephone number has been changed for the office relocation .
・New Address
Der Walder Takahashi 3F 1-29-4,nishikoiwa,edogawaku,tokyo
・New telephone number
03-6806-9180

 

 

 

ADFEST 2014 (アドフェスト)


アジア最大の広告祭のADFEST(アドフェスト)2014に参加してきました。http://www.adfest.com/index.php
例年通りにタイ(thai)のパタヤ(pattaya)で開催(3/6-3/8)をされました。テーマは[co-create the future]。基本的に会場の言語は英語ですが日本語の同時通訳もありました。
基本的にはアジアの広告がメインとなりますが、アメリカ、オーストラリア、ユーロの会社も参加されています。(41都市、295社、全17部門、3253作品?)日本では電通さん、博報堂さん、ADKさんの総合大手代理店さんが多く参加されておりました。今年は日本勢は強かったですね。
アジアと一言でいっても,一言でまとめられの??と思ってしまうくらいアジアは各国によって言葉、生活様式、経済力、宗教等々が違うため、広告も多様の様相でした。
予算がなくとも消費者のニーズや生活習慣にあわせた秀逸なプロモーションの事例などとても刺激を受けました。また普段の仕事でももっと考えればもっと良いものが生み出せるのはないかと気持ちを出させてくれました。日々、絶え間ない努力が大切と再認識されます。
また日本の広告ですが、やはり環境が一番近いということで一番参考になりました。
アジアに出てみると、さすが日本と思わせる緻密さ、洗練さはより引き立っていました。キャンペーンの広告効果の説明についてはインターネットメディアでの効果数値を出してきたプレゼンテーションが多かったです。やはりインターネットメディアは数値をもちいて説得力のある広告効果の説明にできるのは強いですね。

FacebookAd CPI/CPA ご提供開始

「FacebookAd CPI/CPA」のご提供を開始致しました。

クライアント様へ下記のメリットをご提供することができます。

1.リスク低減
FacebookadはCPM/CPCでのご出稿になりますが、本サービスではクライアント様のリスク 負担をすることで、クライアント様はCPI/CPAでのご出稿が可能となります。アフィリエイトの料金形態でFacebookへ掲載することが可能となりました。
2.法人クレジットカード不要
Facebookadの支払方法はクレジットカード(JCBは不可)、Paypalのみですが、弊社経由にすることで通常の御請求書でお振込の支払い方法が可能となります。
3.出稿手続・運用の軽減
クライアント様で行っていた出稿手続・運用が無くなりますのでご負担が軽減されます。

サービス資料 Download

お問い合わせ先アドレスはこちらになります。
contact@eyo.co.jp
※各メニューの必要事項をご記入の上、お問い合わせください。
24時間以内にご返信をさせていただきます。

インターネットカフェ(漫画喫茶) スマートフォン リアルアフィリエイト

インターネットカフェ(漫画喫茶)にてスマートフォンのリアルアフィリエイトを実施致しました。
実施内容はPDFを参照ください。

 

〜下記PDFテキスト抜粋〜
スマートフォン向けのアフィリエイトにてインターネットカフェを利用したリアルアフィリエイト広告を5月より実施いたしました。広告主様はオンライン動画配信サービスサイト様(ハリウッド映画や人気海外ドラマなど10,000本の映画・ドラマが見放題)で会員登録を成果点として実施をいたしました。

ユーザーがインターネットカフェへ来店した際に、
受付のレジにて店員より広告主様のサービス紹介、会員登録へと誘導を行います。(※参照①)またユーザーが使用するブースにもチラシが置かれレジで登録をしなかったユーザーでも登録ができるようになっております。(※参照②)
その場で広告主様の会員登録を行うとインターネットカフェの利用料金が利用料無料(1~3時間)やフライドポテトなどの軽食のプレゼントがあるため、インターネットカフェで登録を行うとユーザーにもメリットがあります。またインターネットカフェ店舗としてはアフィリエイト報酬による売上アップとユーザーの再来店率のアップのメリットがあります。

アフィリエイトはweb,アプリが主流で、リアルアフィリエイトでは携帯電話販売店となっておりましたが、インターネットカフェ店舗で新たなユーザー獲得を実現しました。
またユーザーインセンティブのオンライン上のポイントなどのデジタルインセンティブの付与ではなく、その場で利用可能なリアルインセンティブ(利用料無料券、フライドポテト等)の付与を実施しました。

〜リアルアフィリエイト実施概要〜
広告主:オンライン動画配信サービスサイト様(ハリウッド映画や人気海外ドラマなど10,000本の映画・ドラマが見放題)PC,SPマルチディバイス対応
成果点:会員登録(会員登録には氏名、メールアドレス、生年月日、性別、クレジットカードの情報入力が必要)
対象ディバイス:スマートフォン(ios,android)
実施店舗:インターネットカフェ 5法人15店舗(※5月開始時点)
ユーザーインセンティブ:主にインターネットカフェの利用料無料やフライドポテト等の軽食のプレゼント

iPhone5 first impression

iPhone5が発売されました。
これからiPhone5の対応が出てきますが、
まずはファーストインプレッションを記載します。
変更点など今後記載していきます。

1)やっぱり最初に気になる画面サイズ

横サイズは変わらず640pix、縦が960pixから1136pixに変更なりました。
webサイトより情報量を多く表示できるようになりました。
未対応のappは上下に黒スペースとなっています。
そのためappの世界観が壊れたり、広告位置も悪いですね。

2)appstore

ランキングは一階層目は100位まで、二階層目は300位まで表示されるようになり
より数多くのappがユーザーに見られるようになりました。
「カテゴリ」から「Geninus」に変更になっています。
「カテゴリ」は上部へ移動になっています。
上位25への集中度が弱まると思います。
Appleが買収したChompの件もあるので注視していきたいと思います。
iPhone5(iOS 6)とiPhon4(iOS5)、iPad(iOS 6)とiPad(iOS5)と
ランキング、検索順位は同じでした。

会社フロアー案内

エレベーターで8Fまでお越しください。
エレベーターを降りますと、弊社のロゴが見えます。
向かって右側に受付の電話がございます。
受付の電話よりお呼び出しください。
Please take an elevator to the eighth floor.
The logo of our company can be seen.
The reception phone is on the right side.
Please call from the reception phone.

Google Play Developer Program Policies

Google Play Developer Program Policiesが変更されたようです。
「Spam and Placement in the Store」「Ad Policy」は特に広告業界に影響があると思います。Appleに比べてかなり緩かった分、ユーザーにとって有益でないアプリも大量発生していました。Androidは平均的にアプリの質がiosと比べて低いこともあり、利用状況がアプリが低く、webが高い状況になっていましたが、さすがに消費者を欺いたり、Google playを使いにくくする、ユーザーが迷惑する行為は締め出されるべきだと思っています。ユーザーがアプリを利用しなくなってしまいます。Androidは機種やverが多岐にわたり今後アプリ開発しにくくなると予測しておりますが、今後も厳格化を行っていけばアプリの平均的な質もあがりユーザーの利用が増えると思っております。

Spam and Placement in the Store
・コンテンツの反復登録
・誤解させる説明文やキーワードで検索結果を操作する行為
・評価を変更させる行為
・自動ツールによるアプリ生成と登録
・下記が主目的のアプリの登録
websiteへのアフィリエイト、 自身所有または管理していないサイトへの誘導
・未承諾のSMSや電子メール等の送信

Ad Policy
・ユーザーの許諾なく、広告でショートカット、ブックマークの作成、標準の設定の変更。もしそうするならユーザーが容易に以前の状態に戻せるようにしなければならない。システム通知や警告のふりをした広告
・ユーザーに広告をクリックさせる、しょうもないアプリをつかわせ個人情報を提供させる行為を強いる   ユーザーはペナルティ無しで広告を排除できなければならない。
・他のアプリの広告の邪魔

原文です。http://play.google.com/about/developer-content-policy.html

WIRELESS JAPAN 2012

WIRELESS JAPAN 2012 が開催されました。
スマートフォンにかかわる展示の割合が多くなっていました。
ドコモブースで展示されていた「通話翻訳」と「メール翻訳」はテスト体験をしてきました。
声がオペレーターの声に変わってしまうので、通話相手と話している感覚は薄れますが
将来とても便利なサービスになるのではと期待感があります。
しゃべった言葉を何ヶ国語にも自動翻訳し通話してもらえるのはいいですね。
会話可能なる言語数はやはり限界があります。
まだ基本wi-fiではNGということで、海外で使用する際にはローミングということでした。
(※デモでは特別にwi-fiとしていたそうです。)
翻訳精度などの問題でまだテスト運用(本日から利用可能)ということです。

 

2012 Japan IT Week 春

先週、2012 Japan IT Week 春 が東京ビックサイトで開催されました。

本当に回数を重ねるごとにどんどん大きくなってきますスマートフォンも第2回スマートフォン&モバイルEXPO春として開催されています。

スマートフォンの幅を広げていくといった意味で、同時開催されていたワイヤレスM2M展での展示は興味がそそられました。